タバコ/喫煙

旧三級品タバコとは

激安の旧3級品タバコとは

リアルタバコ(紙巻たばこ)の値段が年々上がり、電子タバコ、加熱式タバコが台頭する昨今、他のタバコに比べて、やけに安いタバコがあります。

その名は「旧三級品タバコ」。通称「安タバコ」と呼ばれています。

旧三級品タバコとは?

旧三級品タバコとは、低品質のタバコの葉を使った低価格のタバコのことです。

JT(日本たばこ産業株式会社)は法律上、煙草農家が生産した葉タバコを全量買い取り、全てを製品化する義務があります。
そうすると、どうしても品質の悪い葉や、余りの葉などが出てきます。
その葉を捨てるのではなく、低価格で製品化したものが、「旧三級品」と呼ばれる紙巻煙草です。

現在は、「製造たばこ定価法」の廃止に伴い、
今まで一級品と呼ばれていた一級品が「旧一級品」に、
二級品は「旧二級品」に、
三級品は「旧三級品」となりました。

更に旧一級品と旧二級品の区分は廃止・統合されましたが、「旧三級品」だけは特別に廉価に買える煙草として残されました。

日本で販売されている、旧三級品タバコの種類一覧

現在、旧三級品として日本で売られている銘柄は、全部で6種類あります。

  • エコー
  • わかば
  • ゴールデンバット
  • しんせい(現在販売されていない)
  • バイオレット(沖縄限定)
  • うるま(沖縄限定)

echo (エコー)

日本一安いタバコ。
味は安いなりだが、「わかば」よりはマシという声が多数。
タバコの長さは、「わかば」よりちょっと短い。

読み方は「エチョー」ではなく「エコー」

わかば


クセのないソフトな味わいと香りが特徴。

黄色地に若草色の双葉をモチーフとしたレトロ感を醸し出すパッケージデザイン。
全国発売されている旧三級品タバコの中では唯一のロングサイズ(80ミリ)

JT製のフィルター付紙巻たばことしてはロングピースに次いでタール量が多い。

死んだじいちゃんが吸っていて個人的にも懐かしい。
コスパ抜群。

値段の推移

発売日価格
1966年8月20日(新発売日)
〜2010年10月
190円
2010年10月〜260円
2016年4月1日〜290円
2017年4月1日〜320円
2018年4月1日〜360円

しんせい

ルパン三世の銭形警部が愛飲しているのは、この「しんせい」。
2018年12月に生産中止。

発売日:1949年6月1日
ニコチン:1.0mg
タール:15mg

コンビニ等に売っているリアルタバコ一覧