口臭がキツくなる意外な飲食物

汗・ニオイ

口臭は誰もが経験する悩みのひとつですよね。
特に、デートや面接など、人と会う機会が多いときには、少し気になりますよね。
ニンニクやニラなどの強いにおいの食べ物、お酒、タバコなどはよく知られた口臭の原因ですが、実は他にも、意外な飲食物が口臭を引き起こすことがあるんです。

口臭を引き起こす飲食物とそのメカニズム

飲食物原因
コーヒーカフェインやタンニンの働きで、唾液の分泌が減少し、口内細菌が増えやすくなる可能性があります。その結果、硫黄化合物やアンモニアなどの口臭物質が発生しやすくなります。
緑茶カテキンも唾液分泌を減らし、口内細菌を増やす可能性があります。また、テアニンという成分は、揮発性硫黄化合物というにおい物質を生み出す可能性があります。
アルコールアルコールは唾液分泌を減らし、口内細菌を増やす可能性があります。さらに、糖質やタンパク質を分解して、揮発性硫黄化合物というにおい物質を生み出す可能性があります。
ヨーグルト乳酸菌やビフィズス菌は口内細菌を減らす可能性がありますが、糖質が含まれていると、逆に細菌の栄養源となってしまう可能性があります。
炭酸飲料糖質やタンパク質は口内細菌の栄養源となり、炭酸ガスは唾液分泌を減らし、口内細菌を増やす可能性があります。
ブロッコリー、キャベツ、小松菜硫黄化合物という成分が含まれており、口内細菌が増えやすくなります。
ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎ、あさつき、エシャロット、らっきょう硫黄化合物に加え、アリシンという成分が唾液分泌を減らし、口内細菌を増やす可能性があります。
納豆イソスルフィン酸という成分が、揮発性硫黄化合物というにおい物質を生み出す可能性があります。
糖質を含む飲食物糖質は口内細菌の栄養源となるため、口臭の原因となります。

口臭対策の基本

口臭が気になる時は、これらの飲食物を控えめにするのとともに、食後や起床時にしっかり口をすすぎ、歯を磨くなどの基本的な口腔ケアが大切です。

また、舌苔を落とす、歯間ブラシやフロスを使う、うがい薬を使う、定期的に歯科検診を受けるなど、口内細菌を減らすことも効果的です。