【衝撃】100均のプラスチック製食器を使っちゃダメな怖い理由

健康

プラスチック製食器は、軽くて丈夫で、洗いやすいなど、便利な点が多いです。
しかし、使用方法によっては、健康に悪影響を及ぼす可能性があることも知られています。
今回は、プラスチック製食器の健康リスクと、安全な選び方・使い方について、詳しく解説します。

プラスチック製食器の健康リスク

プラスチック製食器から溶け出す可能性がある化学物質には、以下のようなものがあります。

  • ビスフェノールA(BPA):環境ホルモンの一種であり、発がんや生殖機能の異常などの健康被害を引き起こす可能性があります。
  • フタル酸エステル:環境ホルモンの一種であり、特に子供の発育に影響を及ぼす可能性があります。
  • ポリ塩化ビフェニル(PCB):発がん性のある化学物質です。
  • 鉛:神経系や認知機能への影響が懸念されています。

これらの化学物質は、高温で使用したり、食器洗い機で洗ったりすることで、溶け出しやすくなります。
また、プラスチック製食器は、繰り返し使用することで、表面に傷がつきやすくなります。
傷がつくと、有害物質が溶け出しやすくなるため、注意が必要です。

100均食器の危険性

100均などの安価なプラスチック製食器は、耐熱性が低い傾向にあります。
そのため、電子レンジや食器洗い機で使用すると、有害物質が溶出しやすくなります。
安価なものは品質管理が十分に行われていない可能性があるので、BPAフリーの表示があっても、実際はBPAが含まれている可能性もあります。
安いプラスチック製食器は本当に注意です!

安全なプラスチック食器の見分け方

プラスチック食器を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 耐熱性の表示を確認する:耐熱性が高いプラスチックは、一般的に有害物質の溶出リスクが低いです。
  • 品質の高いメーカー製品を選ぶ:信頼できるメーカーの製品は、安全性の基準に適合していることが多いです。
  • BPAフリーの表示がある製品を選ぶ:BPAフリーの製品は、健康への影響が少ないとされています。

また、プラスチック製食器の種類によって、溶出しやすい化学物質が異なるため、注意が必要です。
以下に、代表的なプラスチック製食器の種類と、溶出しやすい化学物質をまとめました。

種類耐熱性溶出しやすい化学物質
ポリエチレン(PE)100℃ポリ塩化ビフェニル(PCB)
ポリプロピレン(PP)100℃ビスフェノールA(BPA)
ポリスチレン(PS)70℃ビスフェノールA(BPA)、フタル酸エステル
ポリエチレンテレフタレート(PET)100℃ビスフェノールA(BPA)、フタル酸エステル
ポリビニルクロライド(PVC)80℃ビスフェノールA(BPA)、フタル酸エステル

安全な使用方法

プラスチック製食器を使用する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 高温での使用を避ける:特に電子レンジや食器洗い機での使用は、有害物質の溶出を促進する可能性があります。
  • 長時間食材を置かない:特に酸性の食品は、化学物質の溶出を促す可能性があります。
  • 使用後はよく洗う:食器の表面に残った食材や洗剤が、有害物質の溶出を促す可能性があります。

代替素材の紹介

プラスチック製食器の代替として、以下の素材あります。品質の良いこれらの製品は、価格がプラスチック製品より高い傾向にありますが、健康を気遣うのであればプラスチック製食器は使用しないのが賢明です。

  • 陶磁器:耐熱性が高く、化学物質の溶出の心配が少ないです。
  • ガラス:耐熱性が高く、安全性が確認されています。
  • 木製:天然素材で、化学物質の問題がほとんどありません。

まとめ

プラスチック製食器は便利で手軽ですが、選択と使用には注意が必要です。
とりあずお家に、古いプラスチック皿がある場合はすぐに捨ててください。
耐熱性やBPAフリーなどの安全な製品を選び、適切な使用方法を守ることで、健康リスクを最小限に抑えましょう。

コメント