【話題】ブルックスの「置き換えダイエットドリンク」決定版。

人口イクラ「みらいくら」:コレステロールゼロで魚卵アレルギーの方も安心

近年、健康志向の高まりや食生活の多様化により、コレステロールフリーアレルゲンフリーの食品へのニーズが高まっています。
魚卵は栄養価が高く、健康的な食品として人気がありますが、コレステロールが高く、アレルギーを持つ方もいるという課題がありました。

そんな中、ニチレイフレッシュ株式会社は、魚卵の食感や味を再現しながら、コレステロールゼロを実現した革新的な魚卵状食品「みらいくら」を2021年から研究開発し、2023年に販売を開始しました。

みらいくら

開発の背景と特長

「みらいくら」は、従来のいくらと異なり、以下の特長を備えています。

  • コレステロールゼロ
    魚卵に含まれるコレステロールを植物由来の原料で代替することで、健康志向の方やコレステロールが気になる方でも安心して召し上がっていただけます。
  • 魚卵アレルギー対応
    魚卵の主要なアレルゲンである卵白や乳製品を使用していないため、魚卵アレルギーを持つ方でも安心して召し上がっていただけます。
  • 本物のいくらと遜色ない味と食感
    海藻や大豆などの植物由来の原料を独自の技術で加工することで、本物のいくらのようなぷちぷちとした食感とまろやかな味わいを再現しています。
  • 豊富な栄養価
    たんぱく質やDHA、EPAなどの栄養素を豊富に含み、健康的な食品と言えます。
  • 環境負荷の低減
    魚卵の原料となる魚介類の乱獲による環境への負荷を軽減できます。

「本物いくら」と「みらいくら」の栄養成分の比較

100gあたりの栄養成分

本物いくら みらいくら
熱量 252kcal 17kcal
たんぱく質 32.6g 0.5g
脂質 15.6g 0.0g
コレステロール 480mg 0mg
炭水化物 3.7g 3.7g
食塩相当 2.3g 1.7g

特記すべき項目は、脂質とコレステロールが0。
カロリーも約1/15。食塩相当も低くなっている。

今までの「人口イクラ」と「みらいくら」の違い

従来の人工イクラと比べて、「みらいくら」はいくつかの点で違いがあります。

原料

  • 植物由来
    従来の人工いくらでは、魚卵の風味や食感を再現するために、魚介類由来の原料を使用することが一般的でした。「みらいくら」では、海藻大豆などの植物由来の原料のみを使用しています。

    • 昆布:昆布の旨味と粘りを活かすことで、本物のいくらに近い風味と食感を生み出しています。
    • ワカメ:ワカメのミネラルを活かすことで、栄養価を高めています。
    • 大豆:大豆のたんぱく質を活かすことで、弾力のある食感を実現しています。
    • こんにゃく:こんにゃくの食物繊維を活かすことで、ヘルシーな食品に仕上げています。
  • 独自の技術:植物由来の原料を独自の技術で加工することで、魚卵の食感や味を忠実に再現しています。

その他

  • コレステロールゼロ
    従来の人工いくらでは、魚卵に含まれるコレステロールがそのまま残っている場合がありました。
    「みらいくら」では、植物由来の原料を使用することで、コレステロールをゼロにしています。
  • 魚卵アレルギー対応
    従来の人工いくらでは、魚卵の主要なアレルゲンである卵白や乳製品が含まれている場合がありました。
    「みらいくら」では、卵白や乳製品を使用していないため、魚卵アレルギーを持つ方でも安心です。

ターゲット

「みらいくら」は、以下のターゲットを想定しています。

  • 健康志向の方
    コレステロールやカロリーを気にされている方、健康的な食生活を心がけている方
  • 魚卵アレルギーを持つ方
    魚卵を食べることができなかった方、安心して魚卵を楽しみたい方
  • コレステロールが気になる方
    高血圧や糖尿病などの生活習慣病予防のため、コレステロールを控えている方
  • ヴィーガンの方
    動物性食品を一切口にしないヴィーガンの方

販売状況

「みらいくら」は、楽天市場で販売されています。

created by Rinker
¥980
(2024/06/17 09:16:23時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

「みらいくら」は、コレステロールゼロで魚卵アレルギーを持つ方でも安心して食べることのできる魚卵状食品です。
健康志向の方や魚卵アレルギーを持つ方、コレステロールが気になる方におすすめです。

 

Comment