【節約】今すぐできる。お金が貯まる効果の大きい節術22選

節約

節約は日々の小さな積み重ねが大きな貯蓄につながります。
特に家計の大きな出費ポストである家、車、保険、通信費、教育費、税金を見直すことで、大幅な節約が可能になります。
しかし、それだけではなく、「各種契約内容」や「個人の生活習慣」の見直しも大切です。
この記事では、最初に少しの努力で継続的に節約効果が得られる22の方法を紹介します。
ぜひ、実生活に取り入れてみてください。

今すぐできる節約方法

節約1:スマホを格安SIMにする

具体例としての詳細な説明

日本の携帯通信料金は国際的に見ても高額です。大手キャリア(docomo、softbank、au)の料金が高いと感じるなら、格安SIMに乗り換えることで年間数万円の節約が可能です。
大手キャリアのサブブランドやMVNO(格安SIM)は、同等のサービスをより低価格で提供しています。

  • 格安SIMへの乗り換え検討時のポイント:
    • 通信速度やカバー範囲を事前にチェックする。
    • 家族や友人との通話料金が変わる可能性があるため、通話プランを確認する。
    • 番号そのままで乗り換えられるか、MNP(Mobile Number Portability)が利用可能かを調べる。

サブブランドを選択するメリット

サブブランドは大手キャリアの信頼性と格安SIMの経済性を兼ね備えています。
品質の心配が少なく、若干高めでも大手キャリアと比較してかなりの節約が見込めます。

スマホ料金は、おそらく一生支払う訳ですから、月1,000円安くなるだけでもかなりの節約になります。

  • サブブランド例:
    • docomo → ahamo
    • SoftBank → Y!mobile、LINEMO
    • au → UQ mobile、povo

サービス選択時の比較表を作成し、自分のライフスタイルや使用量に合わせたプラン選びが重要です。

種類
説明価格通信品質おすすめピープル
キャリア(MNO)携帯電話の通信設備を自社で持っている携帯電話会社超高い超最高
お金たんまり持ってる人
サブブランド上記キャリアの系列会社による低価格帯のブランド普通普通通信品質も価格の安さも妥協したくない人
格安SIM(MVNO)以上来以外の会社がキャリアの電波を借りて提供しているサービス安い低い・安いが正義の人
・WiFi環境が常にある人

節約2:サブスクを解約する

不要なサブスクリプションの見直し

定期的に料金が発生するサブスクリプションサービスは、使用頻度に応じて見直しを行うことが重要です。
不要なサービスを解約することで、無駄な出費を削減できます。

節約3:10年以上前の古い据え置き家電を買い替える

省エネ家電への投資の価値

古い家電製品は、現代の製品に比べて消費電力が高く、長期的に見ると電気代の無駄遣いになります。
特に冷蔵庫やエアコンは消費電力が大きいため、新しい省エネモデルへの投資は、初期費用を上回る節約効果が期待できます。

  • 買い替えを推奨する家電製品:
    • 冷蔵庫: 新型は旧型に比べて消費電力が1/3以下になることも。
    • エアコン: 最新のインバーター式エアコンは消費電力が大幅に低下。
    • 照明器具: LED照明に変更することで、消費電力と発熱を抑えることができます。
    • テレビ: 最新のモデルは画質が向上しているだけでなく、省エネ性能も高いです。

節約4:電灯をLEDに変更する

LED電球への交換の効果

LED電球は従来の白熱電球や蛍光灯に比べて消費電力が大幅に低く、長寿命です。
一度の投資で、電球の交換頻度を減らし、電気代を節約できます。
また、LEDは熱をほとんど発生させないため、夏場の冷房費用の節約にもつながります。

節約5:電気便座のスイッチを消す

電気便座の節電

電気便座は便利ですが、24時間365日稼働していると、意外と多くの電力を消費します。
使用しない時はスイッチを切るか、節電モードを活用することで、無駄な電力消費を抑えることができます。

節約6:電気毛布を利用する

冬場の暖房費用の節約

電気毛布や電気敷きパッドを利用することで、部屋全体を暖めるよりも効率的に暖を取ることができます。
これにより、冬場の暖房費用を大幅に削減できます。
特に就寝時には、部屋の暖房を控えめにし、電気毛布で暖を取る方法がおすすめです。

節約7:節水シャワーヘッドに交換する

節水効果と経済性

節水シャワーヘッドの使用は、水道料金の節約だけでなく、給湯にかかるエネルギー消費の削減にもつながります。水流の工夫により、少ない水量でも満足のいくシャワーが可能になります。

節約8:NHK料金を年払いする

年払いによる割引利用

NHK受信料は、年払いにすることで月払いに比べて割引が適用されます。
この割引を利用することで、年間で数千円の節約が可能です。

節約9:テレビを捨てる

テレビ不要論

テレビを見ない、またはインターネットのみで情報を得ている場合、テレビを処分することで、テレビの消費電力やNHK受信料の節約になります。
また、テレビを見る時間が減ることで、他の趣味や副業に時間を使うことができるようになります。

節約10:国民年金保険料をまとめて払う

一括払いのメリット

国民年金保険料をまとめて払うことで、分割払いに比べて割引が適用されます。
年間で数千円から数万円の節約が見込めるため、まとまった資金がある場合は一括払いを検討する価値があります。

節約11:コンタクトを眼鏡に変える

眼鏡への切り替えでの節約

コンタクトレンズは定期的な購入が必要で、長期的に見ると高額な出費になります。
一方、眼鏡は初期投資はかかりますが、その後のランニングコストがほとんどかからないため、経済的です。

節約12:タバコをやめる

禁煙による健康と経済の両面でのメリット

タバコをやめることは、健康への投資であり、タバコ代の節約にもなります。
禁煙に成功すると、年間数十万円の節約に加え、将来の医療費削減にもつながります。

節約13:メルカリで買ってメルカリで売る

再利用の促進と節約

不要な物をメルカリで売り、必要な物を中古で購入することは、資源の有効利用にもなりますし、新品購入に比べて大幅な節約が可能です。
また、物を売ることで得た収入を再投資する形で利用することができます。

節約14:薬はジェネリックを選ぶ

ジェネリック医薬品の利用

ジェネリック医薬品は、ブランド名薬品に比べて価格が低く設定されています。
治療効果は同等でありながら、医療費の節約に大きく貢献します。

節約15:コンビニに行かない

スーパーマーケットやドラッグストアでの購入

日常の買い物をコンビニではなく、スーパーマーケットやドラッグストアで行うことで、価格の差による節約が可能です。
コンビニは便利ですが、多くの商品が他の小売店に比べて高価です。
特に、日用品や食品をまとめ買いする場合、スーパーマーケットのセールやドラッグストアの割引を活用することで、長期的に大きな節約につながります。

節約16:お菓子を買わない(量を減らす)

お菓子の購入を控えることの利点

お菓子の購入を控えることは、健康面でのメリットはもちろん、節約にも効果的です。
お菓子は高カロリーで栄養価が低いものが多く、頻繁に購入していると無意識のうちに大きな出費となります。
量を減らすか、自宅で健康的なスナックを作ることで、健康と財布の両方を守りましょう。

節約17:銀行口座からお金を下ろす際に、ATM利用料を払わない

ATM手数料の節約方法

銀行口座からお金を引き出す際には、ATMの利用料がかかることがあります。
自分の銀行のATMを利用する、または指定の時間帯に引き出すことで手数料を無料にすることが可能です。
また、キャッシュレス決済の利用を増やすことで、現金の引き出し頻度を減らし、手数料の節約につながります。

節約18:還元率の高いクレジットカードを使う

高還元クレジットカードの選択

日常の支払いにクレジットカードを利用することで、還元率に応じたポイントやキャッシュバックを受け取ることができます。
食品、ガソリン、公共料金の支払いなど、多くの支出に対応するカードを選ぶことで、効率的に節約を図ることができます。

節約19:定期券をクレジットカードで買う

定期券購入の効率化

定期券をクレジットカードで購入することで、支払いを一括で行いながらポイント還元やキャッシュバックの恩恵を受けることが可能です。
特に、通勤や通学で毎月定期券を購入する場合、この方法を取り入れることで年間を通じて節約が見込めます。

節約20:ペットボトルは買わない(水筒持参)

ペットボトル購入の削減

水やお茶などの飲料水をペットボトルで購入するのではなく、自宅から水筒に入れて持参することで、大幅な節約につながります。
また、環境保護の観点からも、使い捨てのペットボトルを減らすことは重要です。

節約21:本は電子書籍を買う

電子書籍のメリット

本や雑誌を電子書籍で購入することは、紙の本に比べて価格が安い場合が多く、収納スペースを取らないため、住空間を有効活用できます。
また、即時に購入して読み始めることができるため、利便性も高いです。

節約22:日経新聞は、楽天証券の日経テレコンで読む

日経新聞のオンライン利用

楽天証券などの証券口座を持っている場合、日経テレコンを通じて日経新聞を無料または割引価格で読むことができます。
これにより、新聞購読料の節約が可能になります。

まとめ

これらの節約術を日々の生活に取り入れることで、家計の無駄遣いを減らし、貯蓄を増やすことが可能です。
小さな節約から始めて、徐々に範囲を広げていくことが大切です。
支出の見直しを行い、節約した分で将来のための投資や自分への投資を行うことで、より豊かな生活を実現しましょう。

コメント