腸内革命でアレルギー撃退!体質改善は食生活から

健康

近年、腸内環境を整えることで、アレルギー症状を改善できる可能性があるということで、アレルギー体質と腸内環境の関係が注目されています。

この記事では、アレルギー体質改善に役立つ腸内環境を整える食事法について解説します。

アレルギーの種類

アレルギー体質によって、様々な症状が現れます。
代表的なアレルギーの種類と、腸内環境との関係は以下の通りです。
以下のアレルギーは、それぞれ異なる症状が現れますが、腸内環境悪化が原因で発症しやすくなると考えられています。

1. 花粉症

スギやヒノキなどの花粉が原因で起こるアレルギー性の鼻炎です。
近年、花粉症患者数は増加傾向にあり、国民の約4人に1人が罹患していると言われています。
腸内環境が悪化すると、免疫機能が過剰に反応し、花粉症を発症しやすくなると考えられています。

2. アトピー性皮膚炎

皮膚のバリア機能が低下し、様々な刺激に対して過敏に反応してしまう慢性的な皮膚疾患です。
乳幼児期に発症することが多く、かゆみ、湿疹、皮膚炎などの症状が現れます。
腸内環境が悪化すると、皮膚のバリア機能が低下し、アトピー性皮膚炎を発症しやすくなると考えられています。

3. 食物アレルギー

特定の食物を摂取することで起こるアレルギー反応です。
近年、食物アレルギー患者数は増加傾向にあり、乳幼児期に発症することが多いです。
腸内環境が悪化すると、腸の粘膜のバリア機能が弱くなり、食物アレルギーを発症しやすくなると考えられています。

4. 気管支喘息

気道が炎症を起こし、呼吸困難や喘鳴などの症状が現れる慢性的な呼吸器疾患です。
乳幼児期や小児期に発症することが多く、アレルギー体質を持つ人に多く見られます。
腸内環境が悪化すると、気道の炎症が強くなり、気管支喘息を発症しやすくなると考えられています。

5. じんましん

皮膚に突然、赤い発疹やかゆみ、膨疹が現れる皮膚疾患です。
原因は様々ですが、食物や薬物、ストレスなどが原因で発症することが多いです。
腸内環境が悪化すると、ヒスタミンなどのアレルギー反応に関与する物質が過剰に分泌され、じんましんを発症しやすくなると考えられています。

6. 薬物アレルギー

特定の薬物を摂取することで起こるアレルギー反応です。
じんましん、皮膚炎、アナフィラキシーショックなどの症状が現れます。
腸内環境が悪化すると、薬物に対する免疫機能が過剰に反応し、薬物アレルギーを発症しやすくなると考えられています。

腸内環境とアレルギー体質の関係

腸内環境は、私たちの健康に大きく影響を与えます。腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が存在し、これらの菌のバランスが腸内環境を左右します。

アレルギー体質の方は、腸内環境が悪化し、悪玉菌が増えている傾向があります。悪玉菌は、腸の粘膜のバリア機能を弱め、アレルギーの原因となる物質が体内に侵入しやすくしてしまうのです。

一方、善玉菌は、腸の粘膜のバリア機能を強化し、アレルギーの原因となる物質の侵入を防ぐ効果があります。また、善玉菌は、免疫細胞を活性化し、アレルギー症状を抑える効果もあります。

つまり、腸内環境を整えることで、アレルギー体質を改善できる可能性があります。

腸内環境を悪化させる食事

腸内環境を悪化させる食事には、以下のものがあります。

良くない食事1:糖質・脂質の多い食事

糖質や脂質を多く含む食事は、悪玉菌を増やす原因となります。
特に、加工食品や揚げ物、甘いお菓子などは、腸内環境に悪影響を与えます。

良くない食事2:食物繊維が少ない食事

食物繊維は、善玉菌のエサとなるものです。
食物繊維が少ない食事は、善玉菌が減少し、腸内環境が悪化しやすくなります。

良くない食事2:添加物・保存料が多い食事

添加物や保存料は、腸内環境に悪影響を与える可能性があります。
加工食品やレトルト食品などを多く摂る人は、腸内環境が悪化しやすくなります。

腸内環境を整える食材

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすことが重要です。
善玉菌を増やすためには、以下の食材を積極的に摂るようにしましょう。
腸内環境を整え、アレルギー症状を改善することができます。

良い食材1:発酵食品

発酵食品には、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれています。
これらの善玉菌は、腸内環境を整え、免疫機能を向上させる効果があります。

おすすめの食材

◆乳製品

  • ヨーグルト:プレーンヨーグルトがおすすめ。毎日1カップ程度を目安に摂取しましょう。乳酸菌が豊富で、腸内環境を整える効果があります。
  • チーズ:カルシウムやタンパク質も豊富で、骨粗鬆症予防や筋肉増強にも効果があります。

◆豆類

  • 納豆:1パック程度を毎日摂取しましょう。納豆菌が豊富で、腸内環境を整える効果があります。
  • 味噌:タンパク質やビタミンB群も豊富で、美肌効果や疲労回復にも効果があります。
  • 醤油:塩分控えめのものを選びましょう。料理の味付けに活用できます。

◆野菜

  • キムチ:唐辛子などの辛味が気になる場合は、白菜キムチよりもカクテキなどがおすすめです。乳酸菌や唐辛子のカプサイシンが豊富で、腸内環境を整える効果やダイエット効果があります。
  • 漬物:ぬか漬けや塩漬けなど、添加物が入っていないものを選びましょう。乳酸菌やビタミンCが豊富で、腸内環境を整える効果や美肌効果があります。

◆その他

  • 甘酒:ビタミンB群やブドウ糖が豊富で、疲労回復や滋養強壮効果があります。
  • 塩こうじ:塩分控えめのものを選びましょう。料理の下味や漬け込みに活用できます。

良い食材2:食物繊維

食物繊維は、善玉菌のエサとなるものです。
食物繊維を多く摂ることで、善玉菌が増え、腸内環境が整います。

おすすめの食材

◆野菜

  • ごぼう:食物繊維が豊富で、便秘解消やデトックス効果にも効果があります。
  • ブロッコリー:ビタミンCやビタミンK、カリウムも豊富で、美肌効果や免疫力向上にも効果があります。
  • きのこ:食物繊維やビタミンDが豊富で、免疫力向上や骨粗しょう症予防にも効果があります。
  • アボカド:食物繊維やビタミンE、カリウムが豊富で、美肌効果や便秘解消にも効果があります。
  • オクラ:ネバネバ成分が胃腸の粘膜を保護し、便秘解消や胃腸炎予防にも効果があります。

◆海藻

  • ワカメ:食物繊維やミネラルが豊富で、便秘解消や貧血予防にも効果があります。
  • 昆布:食物繊維やミネラルが豊富で、便秘解消や高血圧予防にも効果があります。
  • 海苔:食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で、便秘解消や美肌効果にも効果があります。
  • ひじき:食物繊維やミネラルが豊富で、便秘解消や貧血予防にも効果があります。

◆きのこ

  • シイタケ:食物繊維やビタミンDが豊富で、免疫力向上や骨粗しょう症予防にも効果があります。
  • エリンギ:食物繊維やカリウムが豊富で、便秘解消や高血圧予防にも効果があります。
  • マイタケ:食物繊維やビタミンB群が豊富で、便秘解消や疲労回復にも効果があります。

◆全粒穀物

  • 玄米:食物繊維やビタミンB群、ミネラルが豊富で、便秘解消や美肌効果にも効果があります。
  • オートミール:食物繊維やタンパク質が豊富で、便秘解消やダイエットにも効果があります。
  • 雑穀:食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で、便秘解消や美肌効果にも効果があります。

食物繊維は、1日あたり20~25g程度を目標に摂取しましょう。

良い食材3:オリゴ糖

オリゴ糖は、善玉菌のエサとなるものです。
オリゴ糖を摂ることで、善玉菌が増え、腸内環境が整います。
オリゴ糖は、1日あたり5g程度を目標に摂取しましょう。

おすすめの食材

◆果物

  • バナナ:1日1本程度を目安に摂取しましょう。カリウムやビタミンB群も豊富で、便秘解消や疲労回復にも効果があります。
  • キウイ:ビタミンCが豊富で、美肌効果や免疫力向上にも効果があります。

◆野菜

  • アスパラガス:食物繊維やビタミンC、葉酸が豊富で、美肌効果や疲労回復にも効果があります。
  • 玉ねぎ:加熱調理することで、オリゴ糖の吸収率がアップします。血液をサラサラにする効果や、抗酸化作用も期待できます。
  • にんにく:疲労回復や滋養強壮効果があり、風邪予防にも効果があります。
  • アボカド:食物繊維やビタミンE、カリウムが豊富で、美肌効果や便秘解消にも効果があります。

◆その他

  • 大豆:食物繊維やタンパク質、イソフラボンが豊富で、美肌効果や更年期障害の予防にも効果があります。
  • 大豆製品(豆腐、納豆、味噌など):大豆と同じく、食物繊維やタンパク質、イソフラボンが豊富です。
  • 海藻:食物繊維やミネラルが豊富で、便秘解消や貧血予防にも効果があります。
  • ごぼう:食物繊維が豊富で、便秘解消やデトックス効果にも効果があります。
  • きのこ:食物繊維やビタミンDが豊富で、免疫力向上や骨粗しょう症予防にも効果があります。
  • 全粒穀物:食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で、便秘解消や美肌効果にも効果があります。

具体的な食事方法

毎日発酵食品を食べる

毎食、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を摂るようにしましょう。

食物繊維を豊富に摂る

野菜や海藻をたっぷり摂るようにしましょう。

水分をしっかり摂る

水分不足は便秘の原因となります。水やお茶をこまめに飲みましょう。
1日2リットル程度の水を飲むことを目標にしましょう。

規則正しい食生活を心がける

朝食を抜いたり、夜遅くに食べたりすることは避けましょう。

よく噛んで食べる

よく噛んで食べることで消化吸収が良くなり、腸内環境が整いやすくなります。一口30回程度を目安に。

その他のポイント

ストレスを減らす

ストレスは腸内環境悪化の原因となります。
適度な運動や睡眠、趣味など、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

十分な睡眠をとる

睡眠不足は腸内環境悪化の原因となります。質の高い睡眠を十分に取るようにしましょう。

適度な運動をする

運動は腸の血行を促進し、腸内環境を整えます。
ウォーキングやジョギングなど、無理のない範囲で続けましょう。

禁煙する

喫煙は腸内環境悪化の原因となります。
禁煙は、アレルギー症状改善だけでなく、健康にも良い影響を与えます。

温度・湿度を調整する

善玉菌は、温度・湿度が適切な環境で活発に活動します。
室温は20~25℃、湿度は50~60%に保ちましょう。

プロバイオティクスやプレバイオティクスの摂取を検討する

プロバイオティクスは善玉菌そのもの、プレバイオティクスは善玉菌のエサとなる食品です。
サプリメントなどで摂取するのも効果的です。

よくある質問

Q. 腸内環境を整えるのにどのくらい時間がかかりますか?

A. すぐに効果を実感できる人もいれば、数ヶ月かけて徐々に改善していく人もいます。
腸内環境を整えるためには、継続的な努力が必要となります。

Q. ヨーグルト以外の発酵食品でも効果はありますか?

A. はい、納豆、キムチ、漬物など、様々な発酵食品が効果的です。
それぞれの食品に含まれる菌の種類や働きが異なるため、色々な種類の発酵食品を組み合わせることで、より効果が期待できます。

Q. 食物繊維はどのくらい摂ればいいですか?

A. 一日に1日あたり18g以上を目標に摂るようにしましょう。
厚生労働省が推奨する目標量は、男性21g/日、女性18g/日です。

Q. ストレスを減らすにはどうすればいいですか?

A. 適度な運動、睡眠、趣味など、自分に合った方法を見つけることが大切です。
運動は、ウォーキングやジョギング、ヨガなど、無理のない範囲で続けましょう。
睡眠は、質の高い睡眠を7時間程度取るようにしましょう。
趣味は、読書、音楽鑑賞、スポーツなど、自分が楽しめるものを選びましょう。

Q. 腸内環境を整えるサプリメントは効果がありますか?

A. はい、善玉菌を増やす効果のあるサプリメントがあります。
ただし、サプリメントはあくまでも補助食品であり、食事療法と併用することが大切です。
サプリメントを選ぶ際は、信頼できるメーカーのものを選び、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

Q. アレルギー症状が改善しない場合はどうすればいいですか?

A. 食事療法や生活習慣の改善で効果が見られない場合は、医療機関を受診しましょう。医師に相談することで、アレルギー検査や治療を受けることができます。

まとめ

アレルギー体質改善には、腸内環境を整える食事が効果的です。
今回紹介した食事方法を参考に、ぜひ実践してみてください。

記事を読んでいただき、ありがとうございました。

コメント